家庭菜園初心者でも安心!トマトの特徴や育て方を捉えて育てよう

じょうろ

家庭菜園が人気となっているワケ

食卓に欠かせないサラダ、中でもトマトは毎日食べている人も多いのではないでしょうか。そんなトマトですが、スーパーで購入をするよりも自分で育てる人が多いのをご存知ですか。トマトは非常に丈夫なので、育て方も非常に簡単ですし、収穫までの期間が短いので家庭菜園が初心者の人でも、大変おすすめの野菜です。いろんな種類がありますので、楽しみながら育てる事が出来ますよ。

トマトの特徴

トマトは世界で消費量が第1位の野菜です。品種数は数千以上あり、味も色も大きさも多種多様です。中でもミニトマトは育て方も簡単なので、家庭菜園が初心者の人でもおすすめです。トマトの種類によっては、難易度も様々ですので、育てる前に事前にチェックをしておくと安心です。慣れてきたら、気になるトマトを育ててみても良いでしょう。

長方形バナー2

[PR]
TOPテキストリンク1
TOPテキストテキストテキスト

トマトを育てる時に気をつけるポイント

日光は十分に当てよう

トマトの育て方で重要となるのが日光です。ただし、高温になりすぎると成長に良くありませんので、換気には注意しなくてはいけません。また、水分は朝にしっかりと与えることも重要です。

肥料は切れないようにする

トマトは茎葉を伸ばしながら実を付けるので、栽培期間の間は肥料が切れないように気をつけなくてはいけません。しかし、与えすぎてもいけませんので、育て方で気をつけなくてはいけないのが、バランスの良い肥料を選ぶ事です。

寝かせ植えをしよう

トマトの育て方で最も大切なのが寝かせ植えをしてあげるという事です。トマトは茎から根が出やすいため、寝かせて植えてあげることで、茎の部分から根をしっかり出す事が出来ます。

仕立てを用意しよう

トマトの育て方では仕立てを用意しなくてはいけません。1本仕立ては大玉のトマトや中玉、ミニトマトにも向く基本形であり、株の中までしっかりと光や風が入るので、株がしっかりと育ちます。

雨避け対策をとろう

トマトは雨に当たると病気や実割れを起こすリスクが高まります。そのため、育て方に気をつけて、雨避け対策をきちんと行いましょう。大玉トマトを育てる場合には、雨避け屋根が無いと難しい場合があります。

正方形バナー1

[PR]
TOPテキストリンク2
TOPテキストテキストテキスト

家庭菜園で人気の野菜とは

家庭菜園ではあまり手間を掛けずに簡単に育てる事が出来る野菜が人気です。ミニトマトは育て方も簡単ですし、苗も1本から購入する事が出来ますので、始めやすいという特徴があります。

実際に自宅でトマトを育てている人たちの声

春から育てて夏には収穫出来ました

初めてでもうまく育てる事が出来ました。春に植えたら夏に収穫出来るので、育てる期間も短いですし、トマトを育てることの自信を持つことが出来ました。

初心者でも簡単に出来ました

トマトの苗は育て方も簡単だと聞いていたのですが、本当に簡単に育てることが出来ました。失敗をすることなく、無事に収穫をする事も出来ましたので、本当に嬉しかったです。

わき芽はちゃんと摘むと良い

わき芽はちゃんと摘まないといけないと聞いて、それだけはきちんと毎日チェックしていました。お陰さまで、ちゃんとトマトを育てる事が出来ました。

水は多く与えすぎない事が育つポイント

トマトって本当に簡単だなって思えたのが水を多くあげなくても良いという点です。少しくらい手を抜くくらいが丁度良く育つと聞いて、本当に育てやすい野菜だと思いました。

害虫は薬剤で防除出来る

トマトを育てる上で一番悩んでいたのが害虫対策だったのですが、薬剤を使用出来ると聞いて安心しました。市販で売っている薬剤で簡単に防除出来ましたので、美味しいトマトを収穫出来ました。

[PR]
TOPテキストリンク3
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク4
TOPテキストテキストテキスト

長方形バナー3

[PR]
TOPテキストリンク5
TOPテキストテキストテキスト

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中